2019/12/13 2019年度鳥取地区技術交流会

2019年12月13日(金)に米子コンベンションセンターにてJSCA中国支部鳥取地区会の「 鳥取地区会技術交流会 」を開催しました。

他の地区同様に鳥取地区でも年1回技術交流会が開催されており、2019年度は米子で開催されました。


(株)安井建築設計事務所の森高英夫先生をお招きし、「BIMデータを活用した今後の設計」についてご講演いただきました。

国内外でBIMの活用最先端情報をわかりやすく説明、紹介いただきました。構造技術者からの目線でお話いただけるので、とても有意義な時間となりました。BIMデータ活用の範囲は確実に進んでおり、地方部で専業構造事務所を営む私としては、とても差を感じました。

鉄骨架構詳細図について、BIMソフトによる自動作図機能が手書きと同じくらい表現ができることに驚きました。また、BIMの推進は設計者だけでなく、業界全体で取り組まねばならない事柄というのもよく分かりました。

技術発表会として、汎用されている認定品柱脚について技術資料とともに発表いただきました。ねじ加工の実際の様子等が拝見できたことは有意義でした。

その後の懇親会では、お酒を交えながら交流を深め、それからまた、夜の米子の街で楽しいひと時を過ごせました。


2019年12月29日|ブログのカテゴリー:地区情報